illustration: hiroto fujisaki

2015/12/8

オリジナルルイボスティーの販売を開始しました。

 http://studiohatch8.net/

 

お酒の香りのSTUDIO HATCH オリジナルブレンドルイボスティー

 

 

 

 

 VIN CHAUD

 シナモンやクローブなどのスパイス、

レモンやオレンジを砂糖と

一緒に火にかけて温めるホットワイン。

フランスでは定番の飲み物。

〈ヴァンショー〉イメージした

ルイボスティー。

 

 

 

 

 MIMOZA

鮮やかなオレンジ色は、

可愛らしいミモザの花を連想させる。

オレンジとシャンパンの爽やかな

カクテル〈ミモザ〉を

イメージしたルイボスティー。

 

 

 

 

 

 

 CALVADOS

フランスのノルマンディー地方で

作られる林檎のブランデー〈カルヴァドス〉

をイメージしたルイボスティー。

 

 

 

 

 

 IRISH CREAM

アイリッシュウィスキー、クリーム、

チョコレート、バニラなどで作られた

甘いリキュール〈アイリッシュクリーム〉

イメージしたルイボスティー。

 

 

 

 

 

 CRÉME DE CASSIS

カシス(黒すぐり)のリキュール

〈クレームドカシス〉イメージした

ルイボスティー。

甘味が強く、

様々なカクテルの他、

お菓子や料理などにも使われます。

 

 

 

 

 VIN CHAUD

MIMOZA

CALVADOS

IRISH CREAM

CRÉME DE CASSIS

 5種類のルイボスティーセット

(20TB)

※PARADISEを除く

 

 

 

 

 VIN CHAUD

MIMOZA

CALVADOS

IRISH CREAM

CRÉME DE CASSIS

 5種類のルイボスティーセット

(10TB)

※PARADISEを除く

 

 

 

 

 

 

 

PARADISE

商品名はオリジナルで、

ギリシャ語で「楽園」や「庭園」を表します。

グリーンルイボスティーの爽やかな味わいは、

美しい庭園の様な広がりを感じさせます。

内容はグリーンルイボスティーでございます。

 

ルイボスティーとは

ルイボスは、南アフリカのセダルバーグ山脈に囲まれた

一体にのみ自生するハーブの一種です。

海水のミネラル成分が豊富に含まれている地域としても有名なこの土地で、

ルイボスは3メートル以上もの根を生やし育ちます。

温度差のある乾燥した高い場所を好むため、

他の地域での栽培が難しいと言われています。

ルイボスティーとは、このルイボスの葉や茎を

乾燥させて作るハーブティーの一種です。

 

ルイボスティーができるまで

毎年2〜3月頃、ルイボスの種蒔きが始まります。

約2年後、1.5m程に育ったルイボスの葉と細い茎の部分を刈り、

ルイボスを2〜3mmの細かさに揃えます。

その後、30〜35度で8時間程発酵し、

赤茶色になったら日光にあてて乾燥させます。

120度の蒸気で4分程低温殺菌した後、熱風で乾燥させて仕上げます。

 

ルイボスティーの特徴

・ノンカフェインなので小さなお子様や妊婦の方、

(弊社のフレーバーの中にはお控え頂いた方が良いものもございます)

授乳中の方からお年寄りまで安心してお飲み頂けます。

・タンニンが少なく渋みも出にくいので飲みやすいお茶です。

・老廃物を排出するので、腸内環境を良好に保ち、

便秘やダイエットにも効果があると言われています。

・近年活性酸素を抑える働きがある

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素

含まれていることが発見され、

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状や、

美容や美肌にも効果があると言われています。

・ナトリウム・マグネシウム・カルシウムなどの

ミネラルが豊富に含まれています。

・お風呂にティーバッグやルイボスティーを入れることで、

お肌のトラブルにも効果があると言われています。

 

グリーンルイボスティーについて

グリーンルイボスは非発酵タイプのお茶で、通常発酵タイプのルイボスに比べ、

抗酸化作用の基となるポリフェノールの一種「オリエンチン」をはじめとする

フラボノイドが10倍以上含まれています。

生産量はまだまだ少なく希少性の高いお茶です。

味わいは非常に癖がなくさっぱりしていて、

どんなお食事にも合わせて頂くことができます。

 

STUDIO HATCH

オリジナルルイボスティーについて

国内外初のアルコールをイメージしたフレーバーです(ノンアルコール)。

ルイボスティーは南アフリカ原産ですが、

ブレンドは全て日本で行っております。

ギフトにもご自宅に置いておいても楽しめるパッケージです。

パッケージデザインは、

「サヴァ缶」で有名なアカオニデザインの小板橋氏が担当。

パッケージイラストはイラストレーター・藤崎裕人氏が担当。

それぞれフレーバーをイメージしたイラストが描かれています。

 小さなポエムと飲み方のカード入りで、5種セットにはブックが入っています。

 

飲み方について

<tea cupでの淹れ方>

・1TB(1パック)に熱湯を160〜180cc注ぎ、

3〜4分ほど蒸らしてお召し上がりください。

1TBで3〜4杯程、淹れることができます。

<ポットで煮出す淹れ方>

・ポットに1TBと800ccの水を淹れ火にかけて、

沸騰したら極弱火で10分程煮出す。

TBを取り除き、ボトルなどで1日〜2日保存可能。

<水出しでの淹れ方>

・ボトルに1TBと水500cc入れ、約8時間経過したらTBを取り出す。

少しお手間ではございますが、

ルイボスティーは煮出していただく事で味も均一になり効能も上がります。

水出しは煮出しより少し味わいが軽くなるため500cc程がオススメです。

カップに熱湯を注いで3〜4杯召し上がって頂けますが、

徐々に味わいが軽くなります。 

 

STUDIO HATCH

ルイボスティー

自身のお茶のワークショップの最後に、必ず生徒さんたちにする話があります。

「今まで数回にわたりお茶の知識や色々なお茶の淹れ方などを

レッスンさせて頂きましたが、

一番大切なのは、家族とのお茶の時間だったり、

恋人と喧嘩したけれど一緒に温かいお茶を飲んだら仲直りしたり、

仕事に煮詰まったからお茶でほっと一息ついたら素敵な考えが閃いたり、

そういう『時間』なんじゃないかと思います。」

皆様、本当にふんわりした表情でワークショップの後は家路につきます。

誰にでも平等に与えられている『時間』。

その中のひとときのお茶時間。

せっかく飲むなら、美味しくて身体にも優しいお茶を飲みたい。

STUDIO HATCHがルイボスティーを選んだ理由です。

ルイボスティーは、効能も高くノンカフェインであることなどにより

近年人気が高まっていますが、

飽きずに楽しく飲んでいただきたくて、

ハーブやスパイスなどルイボスとの相性を活かした

フレーバーティーを作りました。

アルコールが入っていなくても、

またアルコールを召し上がることができない方でも、

華やいだ気分になってほしい。

 

ノンアルコールでありながらアルコールのフレーバーという斬新な世界観をお楽しみください。